厚生労働省登録健康診断機関/労災保険二次健診等給付医療機関  
社団法人全国労働衛生団体連合会会員/中央労働災害防止協会会員  


 

★専門外来は電話予約(TEL 075-211-4502)をお願いいたします。

 慢性病で、病院に入院せずに自宅で日常生活が送れ、できれば仕事も継続して維持したいということは、「病気と健全につきあっていく」ためには重要なポイントです。当所では、大学病院における精密検査に匹敵する診断機器や、診断能力をそなえた医師による専門外来をもっております。セカンドオピニオンも受け付けております。

1)間質性肺疾患・サルコイドーシス外来
 間質性肺炎、膠原病肺、サルコイドーシスを中心に、診断と同時に病勢の評価を行い、治療方針と臨床経過の見通しについて、迅速にご相談、指導いたします。入院が必要な場合には、京都大学医学部附属病院、京都第一赤十字病院、京都桂病院などの呼吸器病棟との連携があります。
 間質性肺炎の治療、肺高血圧の治療、サルコイドーシスの治療においては、特殊な薬剤の治療成績を有している専門外来です。


2)膠原病・リウマチ外来
 膠原病は肺病変以外の全身的な評価と治療方針決定を、専門外来1)との緊密な連携のもとにおこなっております。京都大学医学部附属病院免疫・膠原病内科との連携により、特殊な自己抗体検査などもおこない、薬づけにならない治療、生活指導の徹底をはかっています。


3)睡眠時無呼吸相談外来
 睡眠時無呼吸の有無を評価するための機械を一夜装着して、ご家庭で寝ていただいた間のデータをコンピューターで解析します。睡眠時無呼吸の有無と程度を評価して、治療や指導をいたしますので、日中ねむい人、いびきのきつい人、肥満の人、などはお気軽にご相談ください。特殊な治療器具が必要と判断されますと、京都大学医学部附属病院呼吸器内科との連携にて治療いたします。


4)神経内科外来
 膠原病、サルコイドーシス、あるいは高齢者、ステロイド治療中などの多くの場合に、神経症状が多様な形ででてきます。耳鳴り、ふらつき、しびれ、足の冷たさや燃えるような感覚、痛み、なんでも専門的な方法で診察をいたします。年のせいとあきらめずに、ぜひご相談ください。


5)肝臓病外来
 沈黙の臓器、肝臓は、よほど悪化しないと自分では異常とはわかりません。しかし、食事や運動不足、年齢などから、脂肪肝は静かに始まっているかもしれません。また、慢性の病気で薬を継続してのんでいる場合には、薬剤による肝臓障害にも注意すべきです。アルコール性、ウイルス性肝炎など、すべてのご相談に応じられる専門医が対応いたします。


6)循環器外来
 負荷テスト、心臓エコー、ホルター心電図などによる検査も実施しており、循環器専門医が対応いたします。京都大学医学部附属病院、三菱京都病院などへの迅速な対応が可能です。

 
公益財団法人京都健康管理研究会 中央診療所
〒604-8111 京都市中京区三条通高倉東入桝屋町58番地、56番地
外来診療(診 療 部) TEL:075-211-4502 FAX:075-211-3004
健康診断(健康管理部) TEL:075-211-4503 FAX:075-211-3040
 
Copyright(C)2007 Kyoto Health care Laboratory All rights reserved.
 

来所の御案内
ご予約・お問い合わせ
診療所風景
沿革・プロフィール
スタッフ募集ご案内
中央診療所だより
リンク集


一般外来のご案内
専門外来のご案内
特殊検査のご案内
特殊薬剤治療と呼吸管理ケア


健康診断のご案内
・一般健康診断
・特殊健康診断
・生活習慣病予防健康診断
・人間ドック

サルコイドーシスとは?
間質性肺疾患とは?
膠原病とは、膠原病肺とは?
治療継続のために
トピックス
肺高血圧症と
間質性肺炎

概要と実績
患者専門医交流会
学会・センターからの資料
コラム
おすすめBOOK
倫理委員会