厚生労働省登録健康診断機関/労災保険二次健診等給付医療機関  
社団法人全国労働衛生団体連合会会員/中央労働災害防止協会会員  


 

【心臓超音波検査(心エコー)】
心エコーは超音波を用いることにより、弁膜疾患、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心筋症などを診断でき、また肺高血圧症を間接的に診断することもできます。当所での年間検査件数は約1,500人で、主に肺疾患をもつ患者さんの肺高血圧の状態やその有無を確認する上で精密肺機能検査とともに重要な検査となっています。
【精密肺機能検査】
肺機能検査は、様々な呼吸器疾患の診断と評価を目的としています。また、治療薬の肺への副作用の有無を見る場合にも検査します。
当所では、より詳しく患者様の肺機能状態を知るために、精密肺機能検査に力を入れており、以下4種類の検査を行っています。
・肺活量(VC)       ・努力性肺活量(FVC)
・機能的残気量(FRC) ・肺拡散能力(DLco)
いずれも、検査技師の掛け声に合わせて、息を吸ったり吐いたりしていただく検査です。当所の年間精密肺機能検査件数は約1,400件です。
【呼吸抵抗測定】
簡単な装置を使い、吸気、呼気の呼吸筋の強さを素早く評価します。
膠原病、ステロイド治療による呼吸筋の衰え等も簡単に測定できます。
【動脈血酸素分圧】
動脈血の酸素分圧、炭酸ガス分圧、pHなどを測定します。
呼吸によって肺で血液中のガス交換が行われます。肺が正常に機能しているか等、酸素療法の効果を判定するためにガス分析を行います。
【X線CT】
当所ではX線CT装置を設置しております。
CT撮影室までの歩行距離が少なく、その日のうちに撮影後、診察室での評価もきけるという点では、大病院に比べて効率的です。所見は京都大学医学部放射線科医師2名による評価を経ています。
X線の被爆線量が少なく、安心して検査を受けていただけます。
微小な病変を診断でき、肺がん検査等に威力を発揮します。
【骨密度検査】

X線骨密度測定装置を設置しております。検査方法は簡単で、測定装置の横に座り、腕を装置のくぼみに入れるだけで前処置や脱衣は不要です。 数分の検査後、その場ですぐに検査結果が表れるため、当日の診察において医師の判断に活かされます。
 
消化器内視鏡検査(胃カメラ)】

胃カメラ検査の目的は内視鏡を用いて消化器疾患のスクリーニング、診断を行うことです。胃、食道、十二指腸下行部あたり迄の範囲を観察します。また診断のため組織を一部採る生検をおこなうこともあります。
当所では検診・外来を合わせて年間700例以上の検査を、消化器内視鏡専門医(女性2名)、内視鏡担当看護師らによる専門スタッフで実施しています。
公益財団法人京都健康管理研究会 中央診療所
〒604-8111 京都市中京区三条通高倉東入桝屋町58番地、56番地
外来診療(診 療 部) TEL:075-211-4502 FAX:075-211-3004
健康診断(健康管理部) TEL:075-211-4503 FAX:075-211-3040
 
Copyright(C)2007 Kyoto Health care Laboratory All rights reserved.
 

来所の御案内
ご予約・お問い合わせ
診療所風景
沿革・プロフィール
スタッフ募集ご案内
中央診療所だより
リンク集


一般外来のご案内
専門外来のご案内
特殊検査のご案内
特殊薬剤治療と呼吸管理ケア


健康診断のご案内
・一般健康診断
・特殊健康診断
・生活習慣病予防健康診断
・人間ドック

サルコイドーシスとは?
間質性肺疾患とは?
膠原病とは、膠原病肺とは?
治療継続のために
トピックス
肺高血圧症と
間質性肺炎

概要と実績
患者専門医交流会
学会・センターからの資料
コラム
おすすめBOOK
倫理委員会